ナースとは看護師のこと。
バンクとは銀行のこと。
この二つを合わせた言葉がナースバンクであり、看護師の求人を蓄積して、職を求める人に就職するところを紹介しているところです。
看護師というのは、病院やクリニック、診療所、学校や企業という働く場所があります。
それぞれの場所で働き方も待遇も異なります。
また看護師という職業は、患者のケアのために体力も使うもの。
また病院は生死の現場であるためいつも緊張し、精神的に披露することも多いのですね。
若い時には、それでも自分のために働くことが出来たとしても、結婚などの人生のイベントを迎えると看護師という働き方に変化を求める人も少なくありません。
そのため看護師になっても、退職して看護の場を離れたりする人も少なくありません。
またせっかく看護師として働いている人も、常に不満を持ちながら看護師を続けている人も少なくないのですね。
そんなときに頼りになるのが、ナースバンクでもあるのです。
ナースバンクは、いろいろな看護師の就職先の情報を集めています。

また求人を求めてやってきた人の適性を見て、就職先のマッチングなどを行うことも可能なのですね。
そのためより自分に適した職場を見つけたいと思った時に活用するといいのです。
更に、看護師の中には、潜在看護師といって国家資格を持ちながらそれを活用することなく生活している人が少なくありません。
高齢化社会で看護師の人材不足が叫ばれている中で、潜在看護師の力を引き出すことは重要なポイント。

しかし一旦現場から離れてしまうと潜在看護師も復帰することが怖くなることもあるのですね。
そんな時に役に立つのがナースバンクです。
ナースバンクに登録すると、担当者が就職に向けて不安解決や相談に乗ってくれます。
そのためブランクがある場合は、どんなことに気を付けるべきなのか?どんな就職先が適しているのかということを助言してくれるのですね。
そのため看護師のブランク年数に限らず、ナースバンクを通して復帰を目指すことも出来るのです。

またブランクがある看護師や、これまでとは違った分野に就職をしたいという希望のある人には、研修などの参加があるのも魅力的です。
研修などで看護についての知識を再確認することで、再就職の際の自信につながります。

また再就職をした時には、即戦力として求められることも少なくありませんが、そういった病院にも対応できるのが魅力的ですね。
ナースバンクのメリットは大きく二つあります。
一つは、無料で利用が出来るということです。
ナースバンクは、看護師の中では知名度も高い日本看護協会が運営しているので、安心して利用することが出来るのはもちろん、看護師人材の増大に力を入れる日本看護協会が運営しているのですから、無料であるというのは大きなポイントです。

またもう一つのメリットは、地方でも求人数の偏りなく利用できるという点です。
それは、全国の都道府県にあるから。
大きな都市を拠点とする看護師の転職サイトなどに比べて、各都道府県にあるので、地方の求人も集まりやすく就職に結びつけやすいというメリットがあります。

また各都道府県にあると、ナースバンクの職員も地元の知識に強いというメリットがあります。
そのため相談にも乗ってもらいやすいところが大きなメリットです。
ここまでナースバンクについてみてきましたが、看護師が再就職をしたい、転職をしたいと思った時に登録して便利なのがナースバンクの特徴です。
病院はたくさんあるけれど、就職するならどこがいい?
就職したいけれど看護師としてすぐに働けるかどうか不安といった相談にも乗ってくれますし、就職を求める人一人一人に寄り添って対応してくれるというメリットが大きな強みです。

参考 楽に転職できる?ナース人材バンクについて紹介します!

関連記事

    None Found